ラグナロク放浪記~過疎鯖Tyrより愛を込めて~第2章

過疎と呼ばれるTyrをただひたすら走るアサクロとその素敵すぎるほど頭のおかしいギルメン達との愛と友情の物語

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はたまには場所変えるかってことでニブルにいったんですが、
人多すぎ。30分もせずに断念。じゃあ、どうしようってことで
たまには騎士団じゃなくて城2F行こうって話になり、いくことにー。

Fenril時代は人が多くてろくに狩るポジションを得ることのできなかった
城ですが、Tyrじゃかなりの過疎地帯。まあ、それでもペアとかは
見たりします。とはいってもやっぱり少ないのは少ないので
4人で狩るにはちょうどいいのかなと思ったり。

blog20051016-1.jpg


狩りを始めて30分もしないうちにすばらしいほどのMHに出くわし死亡。

。・゚・(ノ∀`)・゚・。 アハハハハ

SSとり忘れたのが今日唯一の心残りかと・・・。
それからはのんびり禿に拉致られたり、拉致ったり(違
ご指名入りました-と言われんばかりにインティミで拉致られていく
ギルメン達・・・。

帰る間際ポタに乗った瞬間レイドアチャが見えたんですが、もう手遅れ
だと思ったんですが、一人残っていたハンターがぼこったようで、
溜まり場に戻ってきたときに

「最後の最後で(・∀・)イイ!!弓が出た」

とのこと。アーバレストゲッツ

まあ、よしとしようか。

おまけ(溜まり場での1コマ)
blog20051016-2.jpg


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://uniuni1980.blog21.fc2.com/tb.php/23-f9c41a89
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。