ラグナロク放浪記~過疎鯖Tyrより愛を込めて~第2章

過疎と呼ばれるTyrをただひたすら走るアサクロとその素敵すぎるほど頭のおかしいギルメン達との愛と友情の物語

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週まるまる更新さぼったわたくしがやってきましたよ。
てかほとんど狩り&ログインしてなかったので更新のネタに困ったのが
本音ですがね( ´ー`)y―┛~~

今日はGvGがんばったので更新しようと思います。
今日はB3の防衛から始まりました。

blog20060206-1.jpg


人多いなあ・・・ていうかこれじゃわかりずらいんですが、このブログ
250k以上の画像張れない仕様なんでこれで勘弁してくだしあ・・・。

まあ、そんな感じで防衛はじめてときに超麒麟同盟ご一行様が襲来

blog20060206-2.jpg


さすがTyr最大手と言われる同盟。防衛開始30分で陥落しました。
そして奪還すべく舞い戻ったときにはもうすでに麒麟も防衛布陣を完成
させていました。それでも特攻と思ったらGHSL同盟ご一行がいました。

blog20060206-3.jpg

blog20060206-5.jpg


今回は共闘で攻めることになり、互いに順番を決めて特攻をしかけるも
全然落とせず・・・。9時くらいにGHSL撤退。
その後、LP決まったとの情報が入り、今まで3ギルド交互にEMC攻めして
いたのを一気に全軍突入に切り替え一気に相手の戦力を削っていきました。
しかし、エンペを割るには至らず21:20頃にはもう麒麟の戦力も
元に戻ったって感じでした。

これでは落とせないと判断したわたくしたちは最後の策ということで
一度全員撤退したフリをして、B5に全軍で突入させました。
B5を落とした直後に前衛部隊はベースへ帰還。後衛部隊だけB5に残して
出撃機会を待ちました。

残り時間10分になったところで3人のマスターがB3のER近くまできたのを
合図に一気にEMCで特攻をしかけました。

案の定手薄になったB3を一気に攻めて残り1分にHuffulepuffで破壊
blog20060206-4.jpg


そしてそのまま22:00になりました。
気づいたときにはB5はそのまま残っており、B3,B5の二砦取得になりました。
今日は本当に熱い戦いでしたね。でわまた来週ノシ
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://uniuni1980.blog21.fc2.com/tb.php/61-bf9faed2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。