ラグナロク放浪記~過疎鯖Tyrより愛を込めて~第2章

過疎と呼ばれるTyrをただひたすら走るアサクロとその素敵すぎるほど頭のおかしいギルメン達との愛と友情の物語

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は予想以上の速さで作業が終了。思ったより早く家に帰れたので
さっさと飯食おうとしたら同盟の人からメッセが飛んできて狩りしようと
誘われました。そのときはまだ狩場が決まってなかった模様。
わたくしがジュピロスは~?ときいたら即決Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)イイノカソレデ

気が付いたらこんな大人数に・・・
blog20060411-1.jpg


一人忘れてますがな・・・。↑の人数+1なわけでこの人数ならまあ
余裕だろうと思った瞬間

blog20060411-2.jpg


ちょwwwwMH杉!!!11!!1
2回ほど寝ました。そのあとわたしが先頭にたって2F進んでいたら
みんなそのまま2Fへついてきました。残念ながらアポカリプスからは
Sマントなしでした。

少しして帰還。それから溜まり場の廃プリさんに誘われていってきたのは


blog20060411-3.jpg


生態3F。面子はわたし、鳥、廃プリの3人でした。何度か死にながらも
なにげにJOBはプラス。( ゚Д゚)ウマー

さすがにVITプリといえども壁にはなれずわたしが前にいってもWSのメマー
で即死。なかなかきつい狩場ですが、前回以上にうまく狩れたのでOKかな

この面子にLKのような壁に徹する役がいればまあ、死ぬことはないと思います
横沸きがなければですけど( ´ー`)y―┛~~

思った以上にSBr狩りできたので満足。次回に今回の反省を活かせたらいいな
と思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://uniuni1980.blog21.fc2.com/tb.php/78-660fb5b9
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。